2009年07月08日

鶏肉炊飯器

鶏胸肉の低温調理をやってみた。
低温といってもタンパク質の凝固温度ぎりぎりで調理するという意味で、氷点下の調理法というわけではありません。
別名真空調理。2年ほど前に流行ったらしいですね。

レシピはとても簡単。

<鶏胸肉の低温調理>
@鶏の胸肉に塩コショウと数種類のスパイスで下味をつける
A表面に焦げ目がつく程度に焼く
Bジップロックに入れ、炊飯器に入れる
C炊飯器に沸騰したお湯を注ぐ
D保温で1時間待つ

鶏の胸肉は過熱しすぎるとパサパサになりやすいのに、この調理法だとプリプリジューシーでうまい。
ジップロックに入れなくてもいい方法もあるそうですが、炊飯器の掃除が面倒かと思ってシップロック方式にしました。
調理開始から完成まで時間がかかるのが玉に瑕です。


おなか減った。
posted by waty at 17:55| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。